<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
| スポンサードリンク | - | - | - |
「カミングアウト・レターズ」 その1
前にテレビで紹介されてた時から気になっていた本、「カミングアウト・レターズ」を買いました。

まだletter1しか読んでないんですが、この時点で号泣。

特に、息子からゲイであることを告白されたお母さんが「その時はただ、『母さん、俺、人を殺してしまった』と言われたみたいに、怖くて怖くて」と手紙に書いたところで号泣。

私はまだ家族にはカミングアウトしてないし、今のところする予定もないけど、
一度私が別件の悩みで母の前で泣いた時、だんだん悲しい気持ちが「自分がセクシャルマイノリティであること」に向いていって、いっそこの勢いで母に話してしまおうかと考えたことがあります。
結局言い出せなかったんだけど、吐き出したいのに言えない葛藤で私があまりにも泣いてるのを見た母が、「人でも殺したの?」と言ったんです。
私の苦しんでる様子がそんな風に見えたのかと思うと…もう何と言っていいかわからない。
本を読んでそんなことを思い出しましたよ。


最後まで読んだら「その2」として、また感想書きますね。

拍手する
| Ray | sexuality | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

拍手する
| スポンサードリンク | - | - | - |

Comment










Trackback

URL → http://cat-rhapsody.jugem.jp/trackback/550
PROFILE
ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
SPONSORED LINKS
Counter
メールフォーム
MOBILE
qrcode
LINK
OTHERS